トップページ

    このサイトではジェイドの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ジェイドの買取相場を検索して高く買い取ってくれる業者に売りたい!」ということを思っているならこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者を利用してみてください。

    ホンダのジェイドを高く売るために外せないのが「複数の車買取会社で査定の比較をする」ということになります。1つの買取業者のみとかなじみのホンダディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は間違いなく損をするのでやめておきましょう。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。何社かの車買取業者からの査定額を比較することが可能なので、ジェイド(JADE)の買取値段の相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大で50社にジェイドの買取査定の依頼ができます。

    中古車一括サービスは申し込むと多数の車買取会社から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからジェイドの買取相場がいくらか知りたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが乗っているジェイドの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が入札金額を提示するので、数年落ちのジェイドでも高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    一般的な車査定一括サービスであれば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    ジェイドの実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    電話連絡も査定も一度だけで約2000社の車買取業者が入札して買取価格を提示するという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が今乗ってるジェイドの買取相場ってネットで分かる?」という場合はおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの業者から電話連絡がありますが、JADRIの審査を通過した優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際はすぐに即決することなく、いくつかの会社に査定してもらうことでホンダのジェイドを高く売ることができます。

    最大で10もの会社がジェイドの査定額を出してくれるので、最高の買取価格を出してくれた買取業者にあなたのジェイドを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場がわかる人気の車一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社が愛用のジェイドを査定します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したホンダのジェイドを1円でも高く売却しましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートもありますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名前から分かるように楽天株式会社が運営している車一括査定サービス。
    ホンダ・ジェイドの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用したジェイドを高く売って、さらに楽天ポイントがプレゼントされるのは何かラッキーな感じがしますね。
    提携業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大10社がホンダ・ジェイドの査定金額を提示してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーで下取りしてもらった場合と一括査定を使った場合の価格差が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    車の査定の仕事をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士と呼ばれる民間資格があり、これは国が後援しています。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと取れませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、業界大手の会社と中から小規模の会社では査定するときの姿勢が違って当然だと言うことです。

    お金を沢山持っているし、専用の販売ルートもある大手の場合は、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。

    その一方で、中小の買い取り店舗は一車種毎にオークションで販売していく方式をとることがほとんどのため、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    車買取の査定をするときに、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いているとプラス査定になることが多いです。

    但し、古い車種でなければカーナビは標準装備になっていることが多いため、新しい型のカーナビシステムが付いていないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    カーナビシステムが標準的になっている現代において、車にカーナビがついていない状態では査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントしてこの車は何年落ちだなどと言います。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなくその車が初めて登録された年数ですから要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは値段がつかない車も出てきます。

    販売する方にとっては安すぎて利益が出ない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    中古車の相場というのは市場のニーズによって変動しています。

    ですから買取り業者が提示した査定金額には期限が設定されています。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちを聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    期間としては最長でだいだい2週間弱が設定されていると思いますが、ボーナス商戦や決算の時期などに当たるとさらに短くなることがほとんどです。

    一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。

    その一方で、どうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    例えば下取額が10万円で査定手数料が1万円なら、実質利益は9万になるということです。

    業者の無料査定を経験した人ほど忘れがちなことですので、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをしっかり確認しておきましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    オークションに出そうとするときには、車の外装や内装の状態写真や説明を可能な限り理解しやすく記載することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    更に、売買契約を交わしてしまう前に一度じっくり車を観察してもらうことも必要になるでしょう。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、書面に書き表してサインと捺印をしてもらい、双方で保管すれば完璧でしょう。

    自分の車を売ろうと思っているならば、WEB上の中古車の無料一括査定サイトを利用すると、売却予定の車の相場が一目瞭然なのでとても便利でしょう。

    その車種の相場は分かりますが、現実にいくらで売れるかというのは実物を査定に出してみるまでは知ることができないのです。

    その車の外装や内装の状態、および車検がどのくらい残っているかなどによって、現実の価格はかなり変わってくることが当たり前なのです。

    中古車を売ろうと考えているときには、中古車一括査定サイトによる査定金額を頭から信用するのも良くないかも知れませんね。